MENU

計画的に使わないと危険な目にあうキャッシング

最近、気になるニュースを見ました。
携帯電話の料金を延滞していると、数カ月後にはいわゆるブラックリストになってしまうといういことです。ブラックリストになってしまうと、キャッシングやクレジットカードの利用の大きな支障をきたしますから気をつけなければならないのですが、携帯電話の料金延滞でブラックリストになるとは少しびっくりしました。

 

しかし、内容を見てみるとこの場合のブラックリストになってしまうのは単純な携帯電話の料金の延滞ではなく、携帯電話やスマートフォンの本体の代金を料金と一緒に払っている場合の延滞になるようです。携帯電話の料金の中にローンで返済中の携帯電話やスマートフォンの本体のローンの延滞とみなされるようです。携帯電話やスマートフォンの本体を一括で購入すれば、携帯電話の料金の延滞であってもブラックリスト入りにならないということのようです。しかし、このことは安心していいのか安心できないのかは微妙な感じがします。

 

キャッシングの審査に通らない時に考えるべきこと

キャッシングの審査で落ちるような心当りがないのに、審査に落ちてばかりする時には一度キャッシングの申し込みを中止して審査に通らない理由を考えなければなりません。安定した収入もあるし、総量規制に引っ掛かるような借り入れもない、ブラックリストに載ってしまうような金融事故の履歴もない、などであれば審査に通らないほうがおかしいわけです。

 

しかし、実際にはキャッシング会社は何らかの理由があって審査に落とすわけですし、残念ながら審査に落とす理由をはっきりと明示してくれるキャッシング会社はありません。

 

審査に通らない理由はたくさんありますが、審査に落ちる理由がなければやはり通らないことはありません。審査に落ちる理由がはっきりと分からない時には少しキャッシングの申し込みには時間を空けてから再度別のキャッシング会社の申し込みを再開したほうがいいでしょう。開ける時間は少なくとも半年間以上の間を開けるべきと考えられます。